スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商曲ーSyoukyoku

足の少陰腎経
上腹部、斉上2寸(下脘穴)の外0.5寸。

知覚神経:第9肋間神経前皮枝
運動神経:第9肋間神経

T9支配領域にあるツボ
体幹前面:下脘(任)、商曲(腎)、太乙(胃)、期門(肝)、日月(胆)

体幹後面:筋縮(督)、胆兪(膀胱)、意舎(膀胱)

T5~T10デルマトーム領域は、
上中腹部消化器病変の交感神経反応のあらわれるところ。

作  用:調理調胃
主  治:胃脘痛、下痢

「商」は、肺と大腸の五音、[
「曲」は大腸の湾曲をあらわすことからの命名。

足の少陰腎経と衝脈との交会穴。




今日の問題
兪・土・原穴はどれか。

1.大都
2.陥谷
3.中封
4.神門


答えは次回の文末


前回の答え
2

1.足の少陰腎経の原穴は太谿穴。湧泉は井穴。
3.手の少陽三焦経の原穴は陽池穴。外関穴は絡穴。
4.手の厥陰心包経の原穴は大陵厥。郄門穴は郄穴。



スポンサーサイト

石関ーSekikan

足の少陰腎経
上腹部、斉上3寸の前正中線上に建里を取り、
その外方0.5寸。

知覚神経:第10肋間神経前皮枝
運動神経:第10肋間神経
局所解剖:皮膚 → 皮下組織 → 腹直筋鞘前葉 → 腹直筋

デルマトーム:T10
T10支配領域にあるツボ
体幹前面:建里(任)、石関(腎)、関門(胃)、腹哀(脾臓)
期門(肝)
体幹後面:脾兪(膀胱)、意相(膀胱)

T5~T10デルマトーム領域は、
上中腹部消化器病変の交感神経反応の現れるところ。

作  用:調理調胃
主  治:胃痛、大便不通、不妊

足の少陰腎経と衝脈との交会穴

「石」は硬いもの、頑固な疾病を、「関」は通すをあらわし胃脘痛以外にも、
大便不通、不妊、生理痛、月経困難などに用いることからの命名。



今日の問題
骨度法で胸骨多体下端から斉までの長さはどれか。
1.9寸
2.8寸
3.7寸
4.6寸


答えは次回の文末。



前回の答え
1

2.示指から薬指までの横幅を2寸とする。DIP関節。
3.母指末節の横幅を1寸とし、長さではない。
3.示指から小指までの横幅を3寸。PIP関節




陰都ーInto

足の少陰腎経
上腹部、斉上4寸の前正中線・中脘穴より外方0.5寸。

知覚神経:第9肋間神経前皮枝
運動神経:第9肋間神経
局所解剖:皮膚 → 皮下組織 → 腹直筋前鞘前葉 → 腹直筋

デルマトーム:T9
T7支配領域にあるツボ
体幹前面:中脘(任)、陰都(腎)、梁門(胃)
体幹後面:筋縮(督脈)胆兪(膀胱)、意舎(膀胱)

T5~T10デルマトーム領域は、
上中腹部消化器病変の交感神経反応の現れるところ。

作  用:理気調胃
主  治:胃脘痛、腹張、不妊


足の少陰腎経と衝脈の交会穴。

水を主る腎は陰に属す。衝脈は陰血の海でやはり陰に属す。「都」は集合する処。
腎経と衝脈の交会穴であり、陰の気が集合する処あることからの命名。



今日の問題
手の小指から始まり、前腕後面の尺側から肩甲部を経て顔面部に至る経絡はどれか。

1.手の少陰心経
2.手の厥陰心包経
3.手の太陽小腸経
4.手の少陽三焦経



前回の答え
4
1.の接続部は内眼角
2.の接続部は心中
3.の接続部は鼻傍



腹通谷ーHaratuukoku

足の少陰腎経
上腹部、斉上5寸の前正中線(上脘穴)より両側0.5寸。

知覚神経:第8肋間神経前皮枝
運動神経:第8肋間神経
局所解剖:皮膚 → 皮下組織 → 腹直筋鞘前葉 → 腹直筋

デルマトーム:T8
T8支配領域にあるツボ
体幹前面:腹通谷(腎)、承満(胃)
     上脘(任)、腹通谷(腎)、承満(胃)

体幹後面:肝兪(膀胱)、魂門(膀胱)

T5~T10デルマトーム領域は、
上中腹部消化器病変の交感神経反応の現れるところ。

腎経と衝脈と交会穴。


作  用:調理調胃
主  治:腹痛、腹張

「通」は通過、「谷」は水穀をあらわす。
腹に位置し、水穀が通過することからの命名。



今日の問題
足の第1指外側爪甲根部に始まる経絡はどれか。

1.足の太陰脾経
2.足の厥陰肝経
3.足の少陽胆経

答えは次回の文末。



前回の答え
2

1.足の少陽胆経の帯脈穴は神厥穴と同じ高さに並ぶ章門穴(肝)の下1寸8分。
3.足の陽明胃経は神厥穴の外方2寸を下行。
4.足の少陰腎経は神厥穴の外方5分を上行。


幽門ーYuumon

足の少陰腎経
上腹部、斉上6寸の前正中線上より両側、巨厥穴の外方0.5寸。
知覚神経:第7肋間神経前皮枝
運動神経:肋間神経
局所解剖:皮膚 → 皮下組織 → 腹直筋鞘前葉 → 腹直筋

デルマトーム:T7
T7支配領域にあるツボ
体幹前面:巨厥(任)、幽門(腎)、不容(胃)
     上脘(任)、腹通谷(腎)、承満(胃)

体幹背面:至陽(督)、魂門(膀胱)

T5~T10デルマトーム領域は、
上中腹部消化器病変の交感神経反応の現れるところ。

腎経と衝脈の交会穴。


作  用:調理胃腸
主  治:胃脘痛、乳汁分泌不全、乳癤(乳腺炎)

腎経に所属し、脘腹部い位置する本穴は、脾胃気虚、痰湿内停による
消化器疾患、腎精虚損による婦人科系疾患の治療に用いる。

「幽」はかくれてはっきりしないようすをあらわす。
腎経は腹部の深いところ(つまり陰のところ)を通り、
本穴にて、腹中より胸郭にでる門となっている。そのことからの命名。



今日の問題
足の第4指末端に終わる経絡はどれか。

1.足の太陽膀胱経
2.足の少陰腎経
3.足の厥陰肝経
4.足の少陽胆経


答えは次回の文末。



前回の答え
1.

2.心包経と表裏関係にあるのは手の厥陰三焦経、
膀胱経の表裏関係は腎経。
3.手の太陽小腸経は連なり、足の少陰腎経に連なる。
4.陽に属する経絡である。




プロフィール

ツボマニア

Author:ツボマニア
活動拠点:相模原市南区上鶴間本町9丁目50-18-5

好きなもの:ツボ

きりん堂鍼灸院で働いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。