スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輒筋ーChoukin

足の少陽胆経
淵液から乳中穴に向かい1寸。
知覚神経:第3.4.5肋間神経外側皮枝
運動神経:長胸神経
局所解剖:皮膚 → 皮下組織 → 前鋸筋 → 内外肋間筋

デルマトーム:T3、T4、T5
T4・T5デルマトーム支配領域にあるツボ
体幹前面側面T4(第4肋間):膻中(任)、乳中(胃)、天池(心包)
           天谿(脾)、輒筋(胆)、淵液(胆)

体幹前面側面T5(第5肋間):中庭(任)、歩廊(腎)、乳根(胃)
食竇(脾)


体幹後面: T4(T4、T5間):心兪(膀胱)、意喜(膀胱)
   
体幹後面: T5(T5,T6間):神道(督)、膈関(膀胱)

T5~T10デルマトーム領域は、
上中腹部消化器病変の交感神経反応の現れるところ。


作用:疏肝理気、寛胸理気
主治:気喘、肝胆鬱滞による消化器症状、長胸神経障害

「輒」はわだちのこと。
このツボが位置する肋間をわだちに見立てたことからの命名。


〇胸脇苦満
季肋下部に充満感があり、肋骨弓の下縁に指を入れよう
としても苦満感や圧痛があって入らないもので、
肝・胆の病変に多いとされる。
小野寺胆のう点はこの部位に相当するが
季肋下部に位置しない沢田G点や輒筋は該当しないことになる。
(小野寺胆のう点や沢田G点はともに、肝・胆嚢・胆道疾患の
主要圧痛点とされる)
しかし、胸脇苦満が「胸」や「脇」に苦満感があるもの、
ということであれば,、この「輒筋」に出た苦満感も
胸脇苦満の範疇に入ると考えてよいだろう。


〇長胸神経障害
運動中の外傷としては、
腕を広げた状態で脇を強打してしまうというものが多い。
長時間重い荷物背負うことで圧迫され起こることもある。
また乳癌の治療でリンパ節を切除した場合に起こる。
症状が軽い場合は、局所や肩の後ろ、肩甲骨がヒリヒリ痛む程度。
前鋸筋が麻痺すると翼状肩甲を引き起こす。




今日の問題
経絡の並び方で正しいのはどれか。

1.前腕前面では尺側から肺経、心胞経、心経
2.腹部では正中から脾経、腎経、胃経
3.胸部では正中から任脈、腎経、胃経
4.前腕後面では橈側から小腸経、三焦経、大腸経

答えは次回の文末。




前回の答え
1

2.足の太陰脾経と手の少陰心経は心中で接続。
3.足の太陽膀胱経と足の少陰腎経は足第5指端で接続。
4.足の少陽胆経と足の厥陰肝経は足の第1指外側端で接続。


スポンサーサイト
プロフィール

ツボマニア

Author:ツボマニア
活動拠点:相模原市南区上鶴間本町9丁目50-18-5

好きなもの:ツボ

きりん堂鍼灸院で働いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。