スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨厥ーKoketu

任脈
上腹部、前正中線で、斉の上6寸。
知覚神経:第7肋間神経前皮枝。
運動神経:
局所解剖:皮膚 → 皮下組織 → 白線 → 腹横筋膜 
     → 腹膜外脂肪 → 筋膜

デルマトーム:T7
T7支配領域にあるツボ
体幹前面:巨厥(任)、幽門(腎)、不容(胃)
     上脘(任)、腹通谷(腎)、承満(胃)

体幹背面:至陽(督)、魂門(膀胱)

T5~T10デルマトーム領域は、
上中腹部消化器病変の交感神経反応の現れるところ。

心の募穴。

作  用:安神寧心、寛胸止痛
主  治:胸満、息切れ、咳嗽、喘息、胃脘痛

土が金を生じなかったり、
胃気が上逆して起こる呼吸器の症状に用いる。
巨厥穴の深層には腹腔神経叢があり、上部消化器(肝臓、脾臓、
胃腸管、膵臓)および腎臓、
副腎髄質の働きは腹腔神経叢に統括される。
よって巨厥穴には多臓多種にわたる病の治療に用いられる。

「巨」は並外れて大きいこと。厥は「宮中」のこと。
宮中の存在の大きさをなぞらえての命名。
また巨厥は「大牌楼」のことでもある。
「牌楼」とは里坊(区域)にある門のようなもの。
中華街でみるあれである。
肋骨弓の頂点に位置するこのツボを牌楼に見立てての命名
と思われる。



今日の問題
膀胱経について正しい記述はどれか。

1.下腿の流注は遠心性である。
2.心包経と表裏の関係にある。
3.腎経から連なる。
4.陰に属する経絡である。


答えは次回の文末。



前回の答え
4

1.肺経の絡穴は列缺。
2.腎経の絡穴は大鐘
3.大腸経の絡穴は偏歴






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ツボマニア

Author:ツボマニア
活動拠点:相模原市南区上鶴間本町9丁目50-18-5

好きなもの:ツボ

きりん堂鍼灸院で働いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。