スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天池ーTenchi

手厥陰心包経
乳中穴の外1寸、第4肋間。
知覚神経:第4肋間神経外側皮枝
運動神経:前胸神経筋枝、第4肋間神経
局所解剖:皮膚 → 皮下組織 → 大胸筋外下部 
→ 小胸筋下部の起端

デルマトーム:T4、T5
T4・T5デルマトーム支配領域にあるツボ
体幹前面側面T4(第4肋間):膻中(任)、乳中(胃)、天池(心包)
          天谿(脾)、輒筋(胆)、淵液(胆)

体幹前面側面T5(第5肋間):中庭(任)、歩廊(腎)、乳根(胃)、食竇(脾)


体幹後面: T4(T4、T5間):心兪(膀胱)、意喜(膀胱)
   
体幹後面: T5(T5,T6間):神道(督)、膈関(膀胱)

T5~T10デルマトーム領域は、
上中腹部消化器病変の交感神経反応の現れるところ。

手厥陰心包経、手少陽三焦経、足厥陰経、足少陽胆経との交会穴

作用:寛胸理気、寧心安神
主治:心痛、胸痛、咳嗽、痰が多いもの、乳汁分泌不全
熱病で汗が出ないもの

「天」は体の上の方のこと。「池」は水が溜まるの意。
乳頭を山頂に見立て、乳頭は乳汁が湧き出すところである。
この部位は乳汁が貯まり、また乳汁分泌作用があることからの命名。

心包とは?
心包とは、心を取り巻く膜状のもの。
邪気が外から心に侵入する際にまず侵される場所。
現代医学で心臓病としているものの多くを、心包の病としている。
よって、心包経病症と心経病症は、非常に類似している。

心包には経絡が張り巡らされていて、
熱や痰などの病邪が心包の経絡をつまらせると心の機能が停止し、
昏睡、意識混濁などの障害をもたらすと考えられている。
しかし、心の機能に関与する気血の通り道であって、
心包自体が独立した生理機能をもつとは考えにくい。

三焦と表裏関係におかれるその理由は、
三焦は全身の津液代謝に関わる。
心包も全身に広がる経絡を集め、心の脈管に関わる働きを担うから、
といった考えがある。


今日の問題
経絡の流中で正しいのはどれ。

1.手の陽明経は顔面から始まり手の指先に終わる
2.手厥陰経は手の指先から始まり胸部に終わる
3.足の太陽経は足の指先から始まり顔面に終わる
4.足の太陽経は足の指先から始まり胸腹部を通り舌に終わる




前回の答え
1

2.禾髎は手の陽明大腸経
3.巨髎は足の陽明胃経
4.下髎は足の太陽膀胱経




 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ツボマニア

Author:ツボマニア
活動拠点:相模原市南区上鶴間本町9丁目50-18-5

好きなもの:ツボ

きりん堂鍼灸院で働いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。